海外で話題のフォトジェニックビジネスがついに日本上陸!早速やってみた!

top1.jpg

こんにちは!

副業ライターのエリーこと宮本絵里です!

写真を売ってお小遣い稼ぎ!

欧米では社会現象にまでなったフォトジェニックビジネスが日本でもオープンしたようです!

スマホに眠っている写真や画像を専用のアプリにアップロード(投稿)。

img25.png

企業や事業者などに買い取ってもらい、売れた額がそのまま副収入になるという単純明快でとってもカジュアルなビジネス!

img21.png

先立ってモニターになった主婦層の間で話題を呼び、早くも日本国内で流行りそうな気配を見せています♪

しかもカジュアルとは裏腹に札束レベルで稼いでる人も多いとか!?

早速体験してみましたのでご紹介しましょう!

フォトジェニビジネスを始めるには、まず↓のアプリをダウンロードします。

フォトジェニビジネス

アプリをダウンロードする

次に写真や画像の用意をしましょう。

アップロード(投稿)して早くも売れた写真が何点かありますので参考にしてくださいね♪

ペットの写真。

img3.png

飯テロ系とか。

img2.png

こんなバカっぽいのもw

img11.jpg

アップロードしたあと買い手を待つのが基本なんですけども、その日のうちにあっさり売れちゃいましたwいろんな企業がこのアプリで買い取りしているようですね!

ちなみにアプリ自体は現在も引き続きモニター版なので、手に入れるには専用のページからダウンロードする必要があります。

モニター版ということもあって人数制限がかけられているようですので、アプリを手に入れたいという方はお早めに!

フォトジェニビジネス

アプリをダウンロードする

でも、なんでこんなにカンタンに売れちゃうのでしょう?

しかも「稼ぎすぎて月収3倍になった!\(^o^)/」なんていう人もたくさんいるフォトジェニビジネス。

フォトビジネスに詳しい企業コンサルタント専門家の高橋さんに聞いてみました。

-実は今、世界中の企業のニーズに一般の方が撮影した写真が注目されています。

-プロの方が撮影した写真よりもリアリティがあり、良い意味での素人っぽさが好まれている要因ではないかなと。

-たとえば最近の例で言いますと、小栗旬さんが町中華のお店で豪快にチャーハンやシュウマイを食べている味の素さんのCMが印象に残っています。

-あのCM自体はもちろんプロが撮影したものですが、ちょっと小汚い感じのお店のチョイスだったり、醤油にべちゃっとシュウマイを浸けていたりと、チープで素人っぽい演出の描写になっていますよね。

img23.png

-でも、思わずよだれが出てしまいそうになりませんか?実際あのCMのおかげで売上が大きくUPしたそうです。

-従来のCMはキレイに見せることに重きを置いているものが多かったのですが、キレイに見えすぎてしまうと、実際の商品と見比べられたときにそのギャップでマイナス効果になってしまうんです。

-マックのCMではハンバーガーがとても整って大きく見えていますよね。でも実際にマックの店舗で提供されるハンバーガーは見た目のバランスが悪かったりぺっちゃんこだったり。

img22.png

-なので、少しでも宣伝しているものと実際に出来上がったものとの差に開きがないものを目指すとすれば、素人っぽい描写の方がマッチするということです。

確かに小栗旬さんのあのCMってちょっと小汚い描写だけど、私たちが一度は体験したであろう町中華屋さんのイメージそのもので、気がついたら口の中が唾液でいっぱいになってたことがありますw

マックも…。言っちゃアレですけど、CMのものと実物に差がありすぎてちょっと…と思った人いるんじゃないでしょうか?w

つまり、今企業では宣伝に使う素材をリアル志向に方向転換していて、その素材集めとして一般の方が撮影した写真へのニーズが高まっている、ということですね!

img7.png

ちなみにこのアプリ、冒頭でも書きましたが
すでに主婦層の方にバカウケしています!

夕飯の料理をスマホで撮ってそれを売ったら食材代が浮いちゃった♪
というご近所話が話題を呼び、ママ会では「昨日はどれだけ稼いだー??」みたいな話をするそうですよ♪

img16.png

それに先述したとおり、目玉飛び出るくらい稼ぐ人もたくさんいるのがフォトジェニビジネス最大の醍醐味!

実際にどのくらいの金額で売れるかはピンきりですけども、 中には「えええ!?こんなに高値で売れちゃった!!」みたいなこともありました(*^^*)

詳しくはアプリをダウンロードして確かめてみてくださいね!

qiest.png

フォトジェニビジネス

アプリをダウンロードする

以上!「海外で話題のフォトジェニックビジネスがついに日本上陸!早速やってみた!」でした!